BLOG CATEGORY

Monthly Archives

長フチコンテンツ

ホームページ制作、SEO対策 サイバーアクセル・アドバイザーズTOP » ブログ » スタッフ» アーティスト向けの解析ツールが提供される時代に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーティスト向けの解析ツールが提供される時代に!

   投稿日: 2018/01/26    投稿者:スタッフ

こんにちは!毎日寒い日が続いていますね!
関東でも積もるくらい雪が降っているようですので、体調を崩さないように気を付けて過ごしていきたいものです。


さて、今日はタイトルの通り、アーティスト向けの解析ツールが提供されたという話題について。
といっても、もうすでにSpotifyやYouTube、Pandoraなどではアーティスト向けのデータ解析を提供していたようですが、今回はApple Musicが新たにそのサービスを提供したということです。


1516927142614.jpg


サービス名は「Apple Music for Artists」。
2015年以降に再生された楽曲データをもとに、再生数やダウンロード購入数など、
より深く楽曲のデータを解析するためのダッシュボード形式のツールです。
過去24年間から数年単位でデータを遡りリスナーの視聴傾向を分析できるとのこと。


これにより、アーティストやレーベルが音楽マーケティングに活用できるようです。


何となく個人的には、ついにこういう時代がきたのか...!という感じですね。
アーティストというと、その人たちの価値観や感性に感化されたファンが集まり、
その世界観に引き込まれていく、のような構造が思い浮かぶのですが、
より聴いてくれる人たちの好み、傾向に合わせた曲が作られるような時代になったということなのでしょうか。


私個人の意見だと、芸術家の人たちには自分の感性を大切にしてもらいたいなぁとも思います。
でも新人アーティストさんや、インディーズの人にとってはニーズを知るためのよい指針となるのかもしれませんね。


これからも色々なことを解析するサービスが出るんだろうなぁと感じた今日この頃でした。


それでは、また次回お会いしましょう。

カテゴリ:

TOPへ