BLOG CATEGORY

Monthly Archives

長フチコンテンツ

ホームページ制作、SEO対策 サイバーアクセル・アドバイザーズTOP » ブログ » 求人募集» みなさんは面接にどのように臨んでいますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは面接にどのように臨んでいますか?

   投稿日: 2016/06/23    投稿者:求人募集

こんにちは!

先日少し面接について書いたのですが、
今回はその中でも面接される側の事で気になることがあったので、またまた持論を書いてみます。

※記事内容はあくまで個人的な見解なので、会社としてということではありません。

meeting.jpg

みなさんは面接にどのように臨んでいますか?

その場だけ凌いでとりあえず入社出来れば良いと思って、取り繕って面接に望んでいる方も時々見受けられる気がします。
確かにうまく凌ぐことが出来れば、自分自身をよく見せることができ、評価もされ、採用されることも出来るでしょう。

ただ、とりあえず入社出来ればそれでいいとか、そういった思いでは、きっと長くは続かないはずです。

入社後に会社側も面接時の評価に基いて見るため、1週間もすれば、本来の自分がどうかが相手にも伝わり、
「面接の時と違う」「言っていた程出来ない」など少なからず、マイナス評価される事が多くなりがちです。
また、本人も仕事が嫌になってしまい、何かしら理由をつけてすぐ辞めることが多いと思います。
「〇〇が嫌だから」「思っていた仕事と違ったから」などなど。。

自分自身をあまりにも現実以上に見せることは、入った後の事を考えても、
面接する側も面接される側も損しかないと思います。
(入った後も面接時の状態をひたすらに演じ続ける事が出来るというのであれば別ですが...)

なので、過剰に演出するのではなく、自然体でむしろ望むべきだと私は思ってます。
(もちろんある程度長所をきちんと伝えて、自分自身を理解してもらえるように伝える事は大事だと思います)

その上できちんと双方が良いと思って、入社となれば、行き違いは大きくは起こらず、
きっと本人次第で長く勤められる状況になるでしょう。

業種未経験であったり、違う業種への転職などの場合、難しい部分はあるかと思いますが、
自分自身の持っているもので、最大限に活かせるところを相手にきちんと伝えることが一番だと思います。

長々と書いてしまいましたが、あくまで持論ですので、
こういう考え方もあるなと思って頂けるものになれば幸いです。

ご興味ありましたら、是非下記よりお問い合わせください。
http://www.ca-advisors.co.jp/recruit/

カテゴリ:

TOPへ