BLOG CATEGORY

Monthly Archives

長フチコンテンツ

ホームページ制作、SEO対策 サイバーアクセル・アドバイザーズTOP » ブログ » トゥクトゥク» Google Analytics(グーグルアナリティクス)「not provided」って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Analytics(グーグルアナリティクス)「not provided」って何?

   投稿日: 2015/03/01    投稿者:トゥクトゥク

今回も猿でも分かる方法で解説していきたいと思います。

最近Google Analytics(グーグルアナリティクス)のオーガニック検索キーワードの解析で
「not provided」という数値が高まってきております。

なんじゃこりゃ?
と思われている方多いのではないでしょうか。

色々調べてみると、なんか色々専門用語であれこれ書かれていますが
どうやらGoogleで検索をする際、
「https://」から始まっているアドレスから検索を行うことによって
他へ検索キーワードを知られないような設定になってきている模様です。


blog_masu021.jpg
要は「キーワードが取れてませんよ」って事です。



これをウェブマスターツールというものを利用して
アナリティクスと関連付ければ取れていないキーワードも取れる!

・・・というような記事も、またあちらこちらに書いてありました。




しかし、この設定を行う上で分からなかった事が1つ。



ウェブマスターツールを設定しているグーグルアカウントと
アナリティクスを設定しているグーグルアカウントが異なる場合。

⇒こういうちょっとしたイレギュラーのパターンとか、
なかなか解説してくれているサイトが少ないんですよね。。。


そういうのは滅多にないパターンだからね。



・・・という事なんでしょう。



この場合はどうやら関連付けができないみたいです。

なのでウェブマスターツールとアナリティクスは
同じグーグルアカウントで設定をしておきましょう!



それでは関連付けの手順です。


①アナリティクスにログイン

②左側のメニューから
「集客」⇒「検索エンジン最適化」⇒「検索クエリ」の順にクリック

③すると画面のような表示が出てきますので、
「ウェブマスターツールのデータ共有機能の設定」をクリック。


blog_masu022.jpg

④ページが切り替わったら、一番下の方までいくと
「none 編集」とあるので「編集」をクリック。


blog_masu023.jpg
⑤該当のページにチェックを入れて「保存」をクリック。


blog_masu024.jpg

これで完了!

②の「検索クエリ」を確認していただけると
無事、キーワードが表示されているのが確認できます。


blog_masu025.jpg


ぜひお試しください♪

カテゴリ:

TOPへ